生きている証明書

アクセスカウンタ

zoom RSS 歯痛、「モーツアルトの子守歌」

<<   作成日時 : 2007/09/14 20:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 歯痛がある。午後7時近いので歯医者も終わりだろう。
 歯痛のため一晩中眠れなかった、などと聞いたこともある。
 幸いそういう痛みは経験がない。夜中に痛くなったらどうすればよいのだろう。
 チク〜ンと沁みる痛さだ。この前、もう治療が終わったはずの歯である。
 まあ、明日まで、我慢するか。ずっと痛むわけではなく、思い出したように痛むのだ。
 明日は歯医者は午前中だけだ。一方、小さい方のコーラスが午前中である。その時の都合にしよう。

 このコーラスで、先生がいないときは私が皆を歌わせるのである。明日は先生が来られるから良いのだが、そんな時、モーツアルトの子守歌を良く歌う。
 2番は「家の内外(うちそと)〜」で始まる。「家」に仮名がなく、楽譜の方に「うち」とひらがなで書いてある。
 会員から「うちのうちそと〜」になるから、「いえのうちそと〜」と読むことにしよう、と意見が出され、それもそうだと思って、堀内敬三の訳だが我々は「いえ」と読むことにしている。
 2番は「奥のへやから 声のひそかに ひびくばかりよ〜」という何気なく歌っていた歌詞に奥があることを知ってから、本当に意味深長だと考えることになった。
 先生の説明である。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
歯痛、「モーツアルトの子守歌」  生きている証明書 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる